◆◆住宅サポート建築研究所の設立趣旨

人生において「家を建てる」「家を購入する」ことは大変なこと、買い物としても、もっとも高価な買い物、希望に満ちたマイホーム計画ですが、住宅業界の悪しき習慣が「欠陥住宅」「手抜き工事」などの大きな社会問題を引き起こしています。

この問題は、住宅業界の施工制度がもたらす「元請け・下請け制度」や「丸投げ」或いは「代願制度」や「設計施工制度」などの生産者側(工務店や住宅メーカー)主体による住宅建設のシステムに、最大の要因があります。

住宅サポート建築研究所は、その名前のとおり「住まいづくり」に関して、計画段階から全面的に「サポート」を行う業務と建築主の立場にたった「住まいづくり」の専門家としての実務を行います。つまり業界主導型から、今までにない分野の「建築主主導の住宅建設」「購入者主体の住まい」を実現させたい、と考えています。これにより、建築主の権利や利益、財産(住まいそのものが大きな財産です)、もちろん生命(安全)を守ることが出来るわけです。

「住まい」のことについて”詳しく知っている住宅の専門家”は、かなりの数存在するかも知れません。ところが「住宅業界の中で豊富な経験を実践面で積んでいる」「実践で建築主に、やり方を手取り足取り教えることができる」という住宅の専門家(アドバイザー)は、はたして何人いるでしょうか?特に契約前の建築価格の低減対応策で競争見積りのサポートを行えるところは皆無では?と思います。

住まいづくりや住まいの購入は、建築主の意思決定によって進められるべきものです。しかし実際には「専門的な知識やノウハウがないと、正しい判断を下しにくい」こともかなりあります。見積りや仕様などの詳細チェックを一般の人がどのようにして正確に客観的に行えるのでしょうか?建築主サイドに立った交渉、計画の企画、実践の補助、管理・チェック、正しい業者指導を行い、マイホーム計画を良質で低価格な「希望のマイホーム取得」が、安心、納得できるように補助することが住宅サポート建築研究所の役割です。


実践相談サポート

◆事 務 所 概 要◆

●名   称 : 住まいづくりの相談室 住宅サポート建築研究所

●代 表 者 : 中澤 一夫   (一級建築士 第180052号)

●事務所登録 : 一級建築士事務所 (ハ)20689号




●主な業務録 :

@建築主支援サポート業務

□住まいづくりサポート業務  □不動産購入サポート業務  □第三者監理業務

A設計業務

□プランニング業務  □実施設計業務  □工事監理業務

Bその他業務

□敷地調査業務  □耐震診断業務  □技術開発業務  □セミナー講師

・サービスエリアは エリアマップ参照




●住   所 : 〒531-0061      アクセスは地図参照
        

●TEL / FAX : 06-6357-1986 ●E-mail   : jimukyoku@house-support.net



◆代表者のプロフィール◆

●諸団体での活動実績

>住まいづくり研究会 会員(2003〜)
>社団法人 日本木造住宅産業協会 技術開発委員(1998〜2003)
>いえづくり合理化推進協議会運営委員(1998〜2003)

●設計作品例

>H邸新築工事(大阪市−鉄骨3階建)
>S邸新築工事(大阪市旭区−鉄骨3階建)
>N邸新築工事(堺市−木造軸2階建)
>Oマンション新築工事(大阪市城東区−鉄骨4階建)
>Y邸新築工事(宝塚市−木造2階建地下1階)
>株式会社M事務所新築工事(東大阪市−鉄骨2階建)
>住宅展示場多数設計・監理

●商品開発業務実績

>木造ラーメン工法接続金物開発業務
>木造合理化システム認定取得業務
>狭小地対応住宅の開発業務
>ローコスト企画住宅の開発業務
>自然住宅の開発業務
>モダン都市型3階建住宅の開発業務
>ペット同居住宅の開発業務

●実験・測定実績

>木造材料強度実験及び実物大架構強度実験
>遮音性能実験・木材耐久性実験
>実棟気密試験




住宅無料相談・アドバイス
サイトマップ