上手な住まいづくり

<< サポートの必要性を考える

サポートの必要性

住宅に関して、皆さんはTVや新聞・雑誌等である程度の知識は得られているようですが、技術面をはじめ様々な専門的知識が必要とされ、一般の方には解りにくいのが現状です。そのため建築会社など、生産者側の話を信用せざる得ないのが実情です。これで何の問題もなくコストパフォーマンスの高い住まいが、皆さんの手に入ればよいのですが「欠陥住宅」「手抜き工事」は後を絶たず、契約トラブルも減少する状況にはありません。またTVコマーシャルを行なっているような大手の住宅メーカーでも「企業の利益を第一優先に」考えなければならない時代です。

更に、消費者の皆さんも、住まいづくりに関しての勉強不足により建築会社まかせになっていることや、業者への適切なアプローチができていないことも多々あります。
これでは建築主と業者のボタンの掛け違えによるトラブルが発生しても致し方ありません。

当研究所のサポートは、これまでの業界主導から消費者主導のシステムにスタンスをおき、「消費者の皆さんのペースで、より良い家を、より安く」建てる事ができるように、信頼できる住まいづくりの良きパートナーとして強力に建築主をサポートすると共に、住まいづくりのアドバイザーとして、建築主と生産者の間に入って、安心・納得の住まいづくりがスムーズに行くように致します。
また アドバイザーが入っても、本当に良い業者であるのならば出戻り仕事も減り気持ち良く前向きに対応してくれます。

住まいづくりは人生で一番大きな買い物、絶対に失敗は出来ません。住まいづくりの専門家が建築主の良きパートナーとしてサポートすることは、これからの住まいづくりを納得した形で安心して進められることが求められています。


サポートの必要性
※建物の良し悪しは契約段階まででほぼ決まります。





住宅無料相談・アドバイス
サイトマップ