●耐力壁のバランス(4分割法)

国交省(旧建設省)【平成12年告示第1352号】

1,壁率比

壁率比」とは、簡便な方法で耐力壁のバランスをチェックする方法です。
建物の外周部(平面的に建物の1/4にあたる外周部)の「壁量充足率」が均等であるならば、建物全体的に釣り合いが良く、耐力壁のバランスがとれた安全な建物であると判定できます。 

壁率比=建物4分割の両端壁量充足率の比

※壁率比0.5以上、若しくは両端の壁量充足率がそれぞれ1以上を確保する。

壁充足率=存在壁量/必要壁量

4分割法

壁率比/4分割法による壁のバランスチェック

4分割法以外に、建物の重心と建物の剛心(建物強さの心)の差から耐力壁のバランスをチェックする偏心率は、告示にて0.3以下になるように規定されていますが、出来れば0.15以下になるように設計することをお勧めいたします。
偏心率チェックはこちらを参照下さい。→偏心率チェック


トップページ 建物性能の基礎知識トップ 耐震性能 建物性能チェックリスト 住宅用語辞典 建築基準法 住まいづくりサポート 家づくり資料室 サイトマップ




【告示に関する本】