建物性能の基礎知識(住宅)

● 耐震性能(耐震対策)


わが国は頻繁に地震の起こる“地震大国”です。震災は災害の中でも予測がつきにくく、ひとたび大地震が起こるとその被害は甚大です。世界中を震撼させた阪神・淡路大地震では6,400人を越える尊い命が損なわれましたが、その犠牲者の実に8割以上が家屋の倒壊等による圧死が原因でした。 その多くは古い建物や耐震性に不備なもので、新耐震以後の木造住宅、住宅金融公庫の融資を受けた住宅については、比較的に被害が少なかったという調査結果が報告されています。
阪神・淡路大震災から10年がたちました。昨年には新潟中越地震も発生、地震による災害の恐ろしさが改めて思い起こされます。
無垢材の強度集成材の強度必要壁量
壁量計算壁率比/4分割法梁の寸法
筋かい耐力壁倍率面材耐力壁倍率壁バランス告示
基礎告示地盤補強判定の目安施工チェックポイント構造編
接合金物の選定(仕様規定)接合金物の選定(N値計算)接合金物一覧表
建築基準法(構造関係)釘の種類構造材の欠損
面材耐力壁等の開口補強住宅性能表示の耐震等級地域別風速
地域別地震係数安全率による耐震性能UP対応  

● 耐久性能(劣化対策)


住まいの寿命はどれぐらいでしょう。一番耐用年数が長いとされるのは鉄筋コンクリート構造で、およそ60年と言われていますが、木造軸組工法や木造枠組工法の2×4、プレハブも耐久性を上げ、メンテナンスをしっかり行えば遜色はありません。
耐久性を左右する最大の要因は「湿気」です。木造のみでなく鉄骨や鉄筋コンクリート造においても、雨漏りや結露は住まいの天敵です。
耐久性をそこねる事で腐朽が始まり、建物の耐震性も犯されることにつながります。
木材の耐久性木材の含水率小屋裏換気口の有効面積
建築基準法(耐久性関係)耐久性の基準について  

● 断熱性能(省エネ対策)


 住宅では、断熱性能気密性を数値化することで、快適な住まいの目安とされています。Q値K値が断熱性能を、C値が気密性能性能を表します。各値とも数値の低いほうが断熱性能に優れており、平成11年3月、国土交通省・経済産業省告示の「次世代省エネルギー基準」にて、各地域ごとに数値が定められています。 これらの数値を比較することで住宅の断熱性能を判断することができます。
新省エネの断熱材の厚み次世代省エネの断熱材の厚み断熱性能の地域区分
24時間換気システムQ値の計算例気密住宅の仕様
省エネ判断基準(平成18年版)省エネ設計施工指針(平成18年版)断熱性能の違いについて
開口部の断熱性能基準日射遮蔽措置の基準効率的な庇の設置方法
省エネ判断基準(平成21年版)省エネ設計施工指針(平成21年版)

● 空気環境性能(シックハウス対策)


 新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。「シックハウス症候群」については、まだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると様々な健康に有害な影響が出るおそれがあります。
建築基準法(シックハウス関係) 防腐・防蟻とシックハウスの関係集成材とシックハウスの関係 

● 防火・耐火性能(火災対策)


 火事は火の元に気をつけることが第一。そして万が一出火しても、燃え広がらないつくり、延焼を防ぐ構造にしておくことが大切です。
防火・耐火性能の仕様建築基準法(防火・耐火関係) 

● 遮音性能(音環境性能対策)


 朝早く、車の走行音により安眠が妨げられたり、夜、隣室のテレビの音が気になることがありませんか。快適な生活をするためには不愉快な音があっては困ります。不愉快な音とは、落ち着いた雰囲気が欲しい部屋や静けさが望まれる時間に聞える騒音のこと。このために、住まいの構造やプランには音に対する十分な配慮が必要です。
木造住宅上階の防音対応  

● 維持管理性能(維持管理対策)


 住まいは、長期にわたって四季の厳しい気象環境にさらされて使用され、採用する仕上材や工法により手入れの仕方も変わってきます。 また 住宅性能表示では、給水や排水の配管など、設備面の維持管理のしやすさについて等級が定められています。住いづくりの計画の段階から給排水設備等の点検・清掃・補修が容易に対応できる様に対応策をもり込んでおきましょう。

● バリアフリー性能(高齢者等配慮対策)


 2020年にはわが国の総人口の4分の1が65歳以上になるといわれています。
現状では問題はなくても、将来の身体機能の低下により、ちょっとした床の段差が生活する上で支障になったり、介助が必要になる場合など、将来の加齢に対応した住いの安全性・使い勝手を考慮したバリアフリー機能を取り込んだ住いづくりが必要です。 建設省の「長寿社会対応住宅設計」指針においても、今後さらなる加齢者配慮住宅への対応が指摘されています。


ホーム建物性能の基礎知識耐震性能(耐震対策) | 耐久性能断熱性能(省エネ対策) | 空気環境性能(シックハウス対策) | 防火・耐火性能 | 遮音性能バリアフリー性能 | 維持管理性能性能チェックリスト住宅専門用語住まいづくりサポート




サイトマップ
住宅無料相談・アドバイス