マイホームづくり相談・アドバイス

床材(内装用)仕様/ CFシート(クッションフロア)

床材には、大きく分けて外装用内装用に分けられます。
外装用床材は、雨や湿気などの外部の諸条件に耐えれる素材が求められ、タイル貼り石貼りなどの床仕上げ材が多用されます。
外部土間関係や犬走りなどの、化粧床仕上げを行なわない場合は、土間コンクリートの直押さえやモルタル塗りが採用されます。

また、住宅での内装用床材は、一般の建物と違い、直に肌にふれることが多く、洋室関係にフローリング、水廻りにCFシート(クッションフロア)、和室関係には畳敷き縁甲板が多用されています。

また、最近では、床暖併用の内装用の大型床タイル石貼りを採用するケースも増えてきています。



CFシート(クッションフロア)とは

CFシートとは、別名「クッションフロア」とも言い、CFはクッションフロアの略語で、クッション性を持たせた長尺床材(シート)を総称してCFシートと言います。

代表的なメーカーは、東リ・サンゲツ・リリーなどの商品で、住宅の標準仕様として、水廻り(洗面・脱衣・トイレ等)に採用されているCFシートは、厚み1.8mmのCFシートHが一般的です。

その他、弾力性や断熱性に優れたもの、それにプラスして階下への音の伝わりを防ぐ遮音性能をもったCFシートや、床面をへこみや傷からガードするCFシートなどがあります。

尚、発泡の厚みによって、歩行感や衝撃吸収性、保温効果が異なり、住宅であれば厚いものほど歩行感や保温性に優れています。



●CFシートH 及び CFシートHD

標準仕様として、一般的に用いられているのが、厚みは1.8mmのCFシートHです。
メンテナンスがしやすく、多彩な表面形状やデザインを楽しむことができ、しかもリーズナブルな価格です。

このクッションフロアは施工をきちんとしていれば、水がこぼれても大丈夫なので、一般住宅の洗面・脱衣室やトイレなどの水廻りに多く使用されています。

また、クッション層が厚く(3.5mm)、衝撃吸収性・断熱性に優れている、CFシートHDは弾力性もあるので足が疲れにくいです。



CFシート(クッションフロア)



【特徴】




床CFシート(クッションフロア)



ホーム仕上材・下地材等の仕様トップサイトマップ

許可なく文章、画像等を転載することを禁じます。




■外壁仕上材
吹付材
サイディング
外壁タイル
 
■屋根仕上材
粘土瓦
 セメント瓦
化粧スレート
 金属葺き
 
■外装床仕上材
外装床タイル
 
■内装仕上材
フローリング
縁甲板
CFシート
畳(たたみ)
内装床タイル
クロス(壁紙)
塗り壁
 
■その他仕上材
石材
化粧合板
和室造作材
塗装
 
■建具関係
室内建具(洋)
室内建具(和)
外部建具(窓)
外部建具(扉)
ガラス(硝子)
 
■下地材関係
合板、パネル
 
■インテリア関係
カーテン
ブラインド等
カーペット等
 
■住宅設備関係
衛生便器
 
■設備関係
電灯照明器具
スイッチ、コンセント
 
■チェックシート
仕上編
建具編
設備編